肌のビッグデータが
これからのスキンケアをつくる。

1989年の誕生以来、APEXは進化し続けてきました。
現在、肌データ数は1870万件※を超え、世界レベルでもこれだけのビッグデータを所有する企業や研究所はありません。
また、気象と肌の研究は現在はさらに細分化され、例えば紫外線は全国を152ヶ所に、マイクロダスト®は613ヶ所に区分し、その地域を考慮して化粧品を提供。
南北に長く四季のある日本だからこそ生まれたブランドとして、唯一無二の存在になりました。
それでも私たちは、「今」にとどまることを選びません。
研究員は小さな疑問にも愚直に向き合い、ビューティーディレクターはお客さまと真摯に向き合うことで、APEXはさらなる進化を目指しています。

1989年

アペックス・アイ誕生。個肌対応を初めて実現。

1994年

将来のシワ進度を予測し、対応することを実現。
エイジングケアの領域を拡大。

1999年

将来のシミへ対応することを実現。
メラニン・敏感分析導入。

2004年

ニキビ分析を進化させ、ストレス社会を生きる女性への対応を実現。
ニキビケア分析導入。角層分析進化。

2009年

現在・未来の肌のより詳細な分析を実現しお客さまへのカウンセリングを進化。

2014年

世界初、肌全層分®を実現。真皮の状態の分析や、将来の「エイジングのしやすさ」の予測を実現。

天気が美肌ケアを
教えてくれる、「美肌予報」。

一人ひとりの肌は、まったく違う。それが日本各地の細かな気象環境や生活習慣の違いによるものであることを、APEXは様々な角度から明らかにしてきました。
その事実をもとにした、新しい美容提案のひとつが「美肌予報」。それは、肌のための天気予報です。
日本気象協会と提携し、地域別の気象予報をもとに、お肌の先取りケアをお知らせ。くわしいケア方法はもちろん、生活習慣や食事面からも、美肌ケアのポイントをアドバイスします。

詳細はこちら

日本の女性の肌を見つめ続けた8年間の総集編。

日本は、住む場所がちょっと離れるだけで、気象環境や生活習慣、食習慣までが違ってきます。そして、肌のお手入れも変わってくる。
これまでの「美肌県グランプリ」の軌跡を見ることで分かった日本女性の肌の傾向と、都道府県ごとのおすすめなお手入れとは。
ご自身の肌をとりまく環境や、自分にぴったりのお手入れに興味を抱いてほしい。
「美肌県グランプリ総集編」には、そんなポーラの想いが込められています。

詳細はこちら

※ 1,870万件:2020年1月現在

APEX TOPページへ