表皮の状態は「秋と冬」、真皮の状態は「夏と秋」に悪くなり、皮下組織の状態は季節よりもライフスタイルの影響が大きい

株式会社ポーラ(本社:東京都品川区、社長:及川美紀)は、ポーラのパーソナライズドサービスブランド「APEX」の業界初、肌を動かしている動画から解析するポテンシャル分析で分かる、肌の未来の可能性(ポテンシャル)と季節による影響を分析しました。
表皮ポテンシャルはうるおいを保ち、透明感ある角層を生み出す可能性、真皮ポテンシャルはハリや弾力ある真皮を生み出す可能性、皮下組織ポテンシャルはクッション性のある皮下組織を維持する可能性を推測します。今回は、各ポテンシャルに影響を及ぼす季節について分析し、表皮ポテンシャルは「秋と冬」、真皮ポテンシャルは「夏と秋」、皮下組織ポテンシャルは、季節による影響はあまり受けないが、ライフスタイルによる影響が大きいことが示唆されました。 「肌のポテンシャルとライフスタイルの関係性」リリースにて、皮下組織ポテンシャルにとって気を付けるべきライフスタイルは「喫煙」「紫外線によくあたる」「お酒をよく飲む」であることを発表しています。

詳細はこちら