アペックスの肌データから分析
新・美肌県グランプリ2020 水分量部門上位3県から学ぶ
水分量を保つライフスタイルは「質の良い睡眠」

株式会社ポーラ(本社:東京都品川区、社長:及川美紀)は、11月12日に発表した「新・美肌県グランプリ2020」において、今回から新たに新設した14の部門賞の中から肌の水分量が最も多い県を表彰する「水分量」部門にて上位3位にランクインされた石川県、広島県、和歌山県の生活スタイル・体調の特徴を分析し、水分量が多い3県共通のライフスタイルは「質の良い睡眠」であることが示唆されました。

水分量部門上位3県の特徴は、「朝すっきり起きられない」の回答率が全国的に見て低いことでした。朝すっきり起きられない人は、睡眠が十分にとれていないと考えられます。その原因として考えられるのは、自律神経のバランスが崩れて良質な睡眠がとれていないことや、睡眠時間が少ないことなどです。
夜リラックスして副交感神経が優位になると、肌に必要な栄養や酸素が毛細血管から届けられるようになります。朝すっきり起きられない人は、肌に十分な栄養や酸素が届いていない可能性が考えられ、角層の水分保持機能がうまく働いていないことにつながるかもしれません。
良い睡眠をとることは、肌にうるおいをもたらし、ハリ・弾力感のある肌はもちろん、すこやかな肌にとって大事な要素。質の良い睡眠がとれるよう日々、心掛けましょう。

詳細はこちら