『ポーラ幸せ研究所』を創設し“永続的幸福”を追求
幸福学の専門家である慶應義塾大学大学院教授の前野隆司氏、同大学院附属SDM研究所の前野マドカ氏との共同研究

株式会社ポーラ(本社:東京都品川区、社長:及川美紀)は、幸福学の専門家である慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授の前野隆司氏、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科附属SDM研究所の前野マドカ氏の協力を得て、本年4月より『ポーラ幸せ研究所』を創設いたします。

『ポーラ幸せ研究所』では、従業員やビジネスパートナーの幸福度の意識調査や、ポーラオリジナルの「幸せ」を構成する因子の特定、幸せ研究に基づくソリューション開発などを通して、ポーラが企業理念に掲げている“美と健康を願う人々および社会の永続的幸福”を追求します。
ポーラは昨年6月、私と社会の可能性を信じられるつながりであふれる社会を目指すサステナビリティ方針を策定し、2029年までのSDGsの目標数値を設定しました。そして本年、ポーラは新たに2029年ビジョンに向けた行動指針を、「 We Care More. 世界を変える、心づかいを。」と定めました。

今後『ポーラ幸せ研究所』の調査研究を生かし、一般向けワークショップやセミナーの企画運営、プロダクトやサービスパッケージの設計、接客コミュニケーションの改革などを行い、従業員やビジネスパートナーとその家族、お客さま、ステークホルダー、地域・社会における美しく幸せな生き方、Well-being実現に向けた仕組み作りと社内外への啓発を推進していきます。

詳細はこちら