ポーラ、CCCグループと協働
その地域に眠る美の秘訣を探求する「美肌県ツアー」始動

株式会社ポーラ(本社:東京都品川区、社長:及川美紀)は、ポーラのパーソナライズドサービスブランド「APEX(アペックス)」が保有する約1,910万件もの肌のビッグデータから導き出される地域独自の美肌要素と、CCCマーケティング株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:北村和彦)、株式会社Tポイント・ジャパン(本社:東京都渋谷区、社長:北村和彦)が保有する生活者の多種多様なビッグデータを掛け合わせ、その地域に眠る美の秘訣を探求する「美肌県ツアー」を企画し、CCCグループにおいて、旅行業を展開する株式会社アーク・スリー・インターナショナル(本社:大阪府大阪市、社長:宮本大)より、12月10日(金)からツアー販売を開始します。
この取り組みは、地域の個性に触れ、地域とつながり合い、新しい自分と出会うきっかけをツアーを通してお届けしたいという想いのもと、データから地域独自の美肌要素を抽出し、地元企業と共にツアー内容を創り上げています。

ツアー第一弾となる県は愛媛県。愛媛県松野町・足摺宇和海国立公園の滑床渓谷にある「四万十川源流、森の国『水際のロッジ』」にて、愛媛県の美の秘訣を盛り込んだツアー体験コンテンツをご提供します。

11月11日(木)に発表した「美肌県グランプリ2021」において、愛媛県は「肌ポテンシャル部門」にて第1位を受賞。ポテンシャルとは、今も未来も理想の肌を目指すために高め続けたい肌の力とポーラでは定義しており、肌に酸素が巡り、表皮・真皮・皮下組織の3つの層がそれぞれの役割を果たしている状態であると考えられます。

また、CCCグループが保有する愛媛県在住の生活者のビッグデータからは、休日はアウトドアを楽しみ、仕事とプライベートの切り替えを意識され、ストレス軽減や適度な運動を取り入れた生活を過ごされている方が多く、食生活では普段から果肉飲料をよく摂取しており、果物を取り入れた食生活を意識されているという特徴があると考えられます。

これらのデータを基に、愛媛県独自のツアー体験コンテンツは、適度な運動で全身に酸素を巡らせるためのサイクリングや、旬の野菜や果物を使用した地域の食材を味わうお料理、さらに松野町にお住まいの地元の方との交流を通し、その地域ならではの美の秘訣を学べる機会などをご提供し、普段の生活とは違う環境で過ごす愛媛県の美肌の秘訣を探求できるツアー内容となっています。

今後、ツアー対象地域を他都道府県にも広げ、各地域の美肌の秘訣を知り、体験できるツアーを展開していきます。

詳細はこちら

※:2021年1月現在