温度差がある環境に着目した処方設計を採用。
なめらかで、澄んだ透明感※1ある肌※2を目指すクリーム
新『ホワイトショット クリーム RXS』誕生

株式会社 ポーラ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:及川 美紀)は、「ホワイトショット」ブランドより、温度差がある環境に着目した処方設計を採用・なめらかで、澄んだ透明感ある肌を目指すクリーム『ホワイトショット クリーム RXS』(50g \13,200<税抜 \12,000>、リフィル 50g ¥12,650<税抜 ¥11,500>)を2022年7月1日に発売します。

今回ポーラは、過酷な夏や、暖房環境下で過ごす冬、春や秋などの季節の変わり目、マスクの着脱時などの「温度差がある環境」が、人の肌に影響していたことに着目しました。

『ホワイトショット クリーム RXS』は、澄んだ透明感をサポートするポーラオリジナル複合成分 PCEーDP※3EX(美白※4有効成分PCEーDPと美容成分※5ヒオウギエキス、ビルベリー葉エキス)を新たに配合しました。美白有効成分PCEーDPは、ポーラが2018年、日本で約10年ぶり※6に承認を得たポーラオリジナルの美白有効成分。PCE-DPは、表皮細胞のエネルギーを高め、ターンオーバーを促進することによりメラニンの蓄積を抑え、シミ・ソバカスを防ぎます。
このほか、肌アレを防ぎ、透明感あふれるような肌を目指すポーラオリジナル複合成分トラネキサム酸RXS(有効成分トラネキサム酸※7、美容成分エンメイソウエキス、サンザシエキス)、肌の糖化に着目したポーラオリジナル美容成分YACエキス・EGクリアエキスなどを配合。
処方では新たに、皮フ温の急激な変化から肌を守ることを目指し、うるおいをすみずみまで届ける「温度差シールド設計」を採用。肌表面と角層内に水分をキープし、温度変化が激しい環境下でも皮フ温の急激な変化から肌を守ることを目指します。

今回、温度差が激しくなる要因でもある地球温暖化への対応も強化し、既にホワイトショット製品で取り入れているWEBパンフレットや森林認証紙の採用に加え、新たに、容器ではバイオマスPETやバイオマス粘着剤の採用、またバージンパルプ使用量を削減しています。

全国のポーラ ビューティーディレクター、コスメ&エステショップ「ポーラ ザ ビューティー」約590店舗を含む約3,200店のポーラショップ、旗艦店「ポーラ ギンザ」、全国有名百貨店等ポーラコーナー67店舗(2021年末時点)、日本国内空港免税店コーナー12店舗、ポーラ公式オンラインストア(net.pola.co.jp)にてお取り扱いします。海外では、中国大陸・香港・台湾・マカオ・タイランド・シンガポール・マレーシアの7つの国と地域、韓国・ベトナムの免税店にて順次発売予定です。

詳細はこちら

※1:うるおいによる 
※2:角層
※3:デクスパンテノールW 
※4:メラニンの蓄積を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ。 
※5:保湿成分 
※6:新規美白有効成分を配合した医薬部外品として。2018年12月時点の医薬品医療機器総合機構の医薬部外品承認情報による。
※7:肌アレを防ぐ医薬部外品成分