化粧品業界初・製品の輸送に使用する物流資材として
海洋プラスチックをアップサイクルした
リサイクルパレットを導入

株式会社ポーラ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:及川美紀)は、製品の輸送、保管などに使用する物流資材として、素材の一部に海洋プラスチック(OBP:オーシャン・バウンド・プラスチック)をアップサイクルしたリサイクルパレットを、本年7月より導入開始します。
現在ポーラでは約15,000枚のパレットを保有しており、5年で全てのパレットをこのパレットに交換することを 目指しています。すべて導入完了すると、バージン材と比較して169,832kg、杉の木で換算すると12,131本分のCO2排出量削減と、海洋プラスチックごみ約7.5tの流出防止に繋がることが期待できます。
物流資材にOBPを活用したリサイクルパレットを導入するのは化粧品業界では初めてのことです。

詳細はこちら

※OBP(オーシャン・バウンド・プラスチック)とは:海岸線から50㎞以内の内陸部で正式な廃棄物処理を行っていないコミュニティから収集されたプラスチック素材のこと。