ジェンダー、年齢、地域格差、様々な「壁」の解消

  • 男女間のジェンダーギャップのみならず、年齢・地域等の「壁」を解消し、誰もが活躍できる社会を目指します。
  • 自治体やNPO・地域に根差した企業との協業から生み出される新しい価値を地域に還元。女性オーナーが、経営者として社会貢献できるよう、取り組んでいきます。
  • また、文化支援の分野においても豊かに、彩り溢れる瞬間を感じる生き方を応援していきます。

ビジネスリーダー輩出

地域で活躍するビューティーディレクターの育成、教育システムの基盤となる成長指標「ポーラサクセスロード」では、従来、基本的に売上規模のみが指標とされていましたが、現代の女性活躍、女性の在り方を考えたときに、スキルや経験の上に社会性や人間性を育み、より多くの人や社会に影響を与えていくことが、ビジネスにおける成長であると再定義しました。これをもとに教育カリキュラムも大幅に刷新しています。

詳細はこちら(ビューティーディレクター)

女性活躍企業としての取り組み

さらなる「女性活躍応援企業」として、意欲と能力のある女性従業員の活躍の場の拡大や管理職への登用など、性別に関係なく、一人ひとりの能力を十分に発揮できる環境づくりを推進しています。当社ではライフスタイルの変化に合わせた、女性の働き方の推進活動が評価され、ダイバーシティ経営による企業価値向上企業として、「平成26年度ダイバーシティ経営企業100選」※に選定されました。当社で働く一人ひとりが自分の未来を描き、イキイキと働ける会社の実現を目指して、ダイバーシティの推進に取り組んでいます。顧客の大半が女性であるため、お客さま視点に立った商品開発や提供するサービスの充実など、さまざまな形で大きな力を発揮しています。
※女性=自認を含めたすべての女性

詳細はこちら

「名古屋市女性の活躍推進企業」認定について詳細はこちら

地域×POLA

2017年11月、「秋田美人」に代表されるように美に対するこだわりをお持ちの秋田県と包括連携協定を締結。
女性活躍と就業支援に関すること、「美の国あきた」具現化に関すること、その他県民サービスの向上及び地域社会の活性化に関することに取り組んでいます。2018年10月には福岡県北九州市との連携協定を締結。これからも当社は地域の皆さまと共創関係を拡げ、地域の活性化、地域課題の解決に取り組んでいきたいと考えています。

詳細はこちら

うつくしくはたらくプロジェクト

もっともっと、地域が元気になれば、この国の空気はがらりと変わるはず。 その想いから、ポーラはビューティーディレクターの活動を通して地域の活性化を目指しています。それが、「うつくしくはたらくプロジェクト」。地域社会と積極的につながり、響きあえる存在を目指しています。

詳細はこちら

美と文化の情報発信

ポーラ美術館をはじめ、化粧・美意識をテーマに東西文化の調査研究を通じ、美と文化を次世代へ伝える活動を行っています。

詳細はこちら

「フェアリー ジャパン POLA」を「美」の技術で応援

当社では、2007年から、新体操ナショナル選抜団体チーム「フェアリー ジャパン POLA」のオフィシャルパートナーとしてサポートをしています。社内から選出された美容コーチが、世界大会へ挑むための新メークや、そのための選手専用メーク品(非売品)の開発、選手へのメークレッスンや、肌のチェックからスキンケアアドバイス、競技で崩れないヘアスタイルなどで、選手団の一員として共に戦っています。世界の舞台へ向けて、過酷な環境下でも健やかな肌を保ち、内側から輝く美しさを導き出すために、日常のケアも含めたサポート活動を続けています。

詳細はこちら

サスティナビリティTOPページへ