強い日差しを浴びると思わず「紫外線が…」と思ってしまいますが、実はその日差し=太陽光の中には、紫外線以外にもさまざまな光が含まれています。中には紫外線同様、いえ、それ以上に肌のエイジングを加速させる光もあれば、反対に肌への良い影響で注目されている光もあります。

注意したいのは3つの光。UV-A、UV-B、そして近赤外線

肌に悪影響を与える光として広く知られているのが紫外線です。UV-Aは、じわじわと肌の奥深く、真皮にまで到達してダメージを与えシワやたるみの原因に。UV-Bは表皮に作用して日ヤケやシミ、ソバカスの原因になります。紫外線はこれ以外にも、皮脂分泌を増加させたり、糖化を促進したりという悪影響を及ぼします。
また、近年知られるようになった近赤外線は、UV-Aよりも高い割合でじわじわと肌の奥深くの真皮の深層部へ到達。コラーゲン分解酵素の産生を促進したり活性酸素を誘発したりして、シワやたるみを促進します。

太陽光の中にある肌に良い光、赤色光に注目

実は太陽光の中には、肌に良い光も存在します。それが、赤色光。これまでは紫外線や近赤外線の悪影響が大きいため見過ごされてきましたが、最近はいわば美を育てる光として、エステや美顔機器、医療分野でも注目されています。太陽光は「拒む」から「選ぶ」時代へ。太陽光の研究も、そして日ヤケ止めも日々進化しています。長年ケアを続けている人ほど、もう一度太陽光ケアを見直して最新ケアを取り入れていきましょう。

BEAUTY TIPS TOPページへ