気温も湿度も下がるこれからの季節。肌が乾燥しがちな人は保湿ケアに目が向きがちです。もちろん保湿ケアも大切ですが、もうひとつ忘れてはいけないのが洗顔。実は洗顔は、肌のうるおいを左右する大切な要素なのです。そこで今回は洗顔の注意ポイントをチェック。乾燥が気になる人はひとつひとつ見直していきましょう。

洗顔料はたっぷり泡立てる

清潔な手でレモン1個分くらいの大きさを目安に洗顔料をたっぷり泡立てましょう。泡立てることが苦手な人は泡立てネットなどを利用しても。洗顔料の使用量は、チューブタイプの場合、ポーラでは「朝0.5㎝、夜1㎝」が目安です。説明書で適量を確認しましょう。

洗う順番はTゾーンからVゾーンへ

皮脂が多いTゾーンを先に、その後に乾燥しがちなVゾーンを洗います。泡を手でつぶしてしまうのはNG。手は肌に直接触れずに泡のクッションを転がすようにしながら、手のひらでやさしく包み込むように洗います。小鼻の横やあごのくぼみは、指先でくるくるらせんを描くようにして毛穴※1のすみずみまで泡を届けるように洗いましょう。

すすぎは32〜33度のぬるま湯で

寒い季節は熱いお湯ですすぎたくなりますが、これが皮脂を奪いすぎて肌を乾燥させる原因に。反対に冷たい水は肌を冷やすことでうるおいを奪ってしまいます。すすぎの適温は32〜33度のぬるま湯です。一度適温を確かめてみるとよいでしょう。フェイスラインや生え際などはすすぎ残しをしやすいので、鏡を見てよくチェックしましょう。

ゴワゴワ、ゴシゴシはNG。タオルをそっと押し当てて

拭き取りのタオルは肌あたりのよいやわらかいものを選びましょう。ゴシゴシこすらずに肌に押し当てるようにして水分を吸い取ります。その後は時間をおかずにすぐに保湿を。

この1品でいつもの洗顔をスペシャルケアに

ポイントを押さえた洗顔をしても、「くすみ※2を感じる」「肌がごわつく」という時は、洗顔のスペシャルケアをプラスしてみましょう。B.A ディープクリアライザーは、糖化※3やくすみのある余分な古い角層を洗い落とすディープ洗顔マスク。洗顔後に軽く水分を拭き取り、適量を顔全体にのばし軽くマッサージすると、ほんのりあたたかいジェルクリームが汚れを巻き込みながら細かい泡にチェンジ。その後すぐにぬるま湯で洗い流すだけで、ディープ洗顔とマッサージ、そしてマスクのケアが完了します。忙しい朝は洗顔料を使わずにこれ1品で洗顔を済ませてもOK。洗浄力と浸透※4を両立した処方設計なので、冬の乾燥しがちな肌にも、あるとうれしい1品です。

  1. 角層
  2. 汚れや古い角層による
  3. 角層の糖化
  4. 角層まで
  5. 保湿成分

BEAUTY TIPS TOPページへ