2020年のリニューアルで第6世代に突入したポーラ最高峰ブランドB.A。ベストコスメ※1を多数受賞、「いつか使ってみたい」「一度体験してみたい」という声もいただいています。香りや感触が折り重なるような体験をしていただくにはライン使いがおすすめですが、第6世代のB.Aはアイテムごとに個性があり、まずは単品から楽しめるのも魅力です。今回はその中からローションをご紹介します。

美容液のような※2濃密さでハリ肌を目指す

B.A ローションはリニューアルの際、B.Aを象徴するアイテムとして開発されました。初めて使った人がよく最初に驚かれるのは、とろみ感のある濃密なしずく。普段、コットンなどを使用するさらっとしたローションをお使いなら、「美容液?」と思われるかもしれません。とろみがあると浸透※3しづらかったりベタついたりするのではと考えがちですが、肌にのせた瞬間にすーっとのび広がり、肌※4にみずみずしく吸い込まれるような感触を感じていただけるはず。顔全体で適量は2プッシュ。「肌をなんとかしたい」という時に、朝晩使用で約100日、じっくりケアしていただけます。

感触とともに、こだわりの香りを堪能して

テクスチャーの心地よさと同時に、B.Aがこだわったのが香りです。B.Aは3つの天然香料「エレミ」「ネロリ」「フェヌグリーク」を使用した、華やかさとやすらぎのあるシプレフローラルの香り。ローションをやさしくなじませながら、「鼻から深く息を吸い込み、口からゆっくりと吐く」という深い呼吸を繰り返すと、満たされていく肌と、やすらぎの香りで心が落ち着くような感覚を味わっていただけます。ぜひ、B.A ローションで優雅なスキンケアタイムをお過ごしください。

  1. さまざまなメディアで与えられている賞
  2. 感触のこと
  3. 角層まで
  4. 角層
  5. センニンコク種子エキスとセージ葉エキスの複合成分

BEAUTY TIPS TOPページへ