気温が上昇する春から夏にかけて、皮脂が増えるのと同時に気になるのが毛穴※1の目立ち。悩んでいる人は「もともとそういう肌質だから…」と考えてしまいがちです。でも実は、毛穴目立ちは肌質のせいだけとは言い切れません。

乾燥や紫外線などのストレスで毛穴が開きっぱなしに

実は毛穴が目立つのは、生まれもった毛穴の数や大きさのせいだけではありません。毛穴は皮脂を出す時に開き、そうでない時は閉じる性質があり、開いている状態の毛穴が増えると毛穴が目立ってしまいます。そしてその原因のひとつが、乾燥や紫外線による肌へのストレス。これらの影響で毛穴周りのコラーゲンが硬くなると、皮脂が通った後も毛穴が閉じず、開きっぱなしの状態になってしまうのです。

うるおい補給で乾燥による肌へのストレスを防ぐ

毛穴が開きっぱなしになるのを防ぐには、乾燥や紫外線などのストレスを肌に与えないことが大切です。毛穴目立ちが気になる春夏は、日差しを気にして紫外線ケアはしている一方で、皮脂が多い人は肌がうるおっていると感じてしまい保湿ケアはあまり意識していないことも。そのまま夏を迎えると、冷房などの影響でますます肌が乾燥し、肌のストレスになってしまう可能性があります。毛穴目立ちを防ぐためにも、春夏も丁寧な保湿ケアを心がけましょう。例えば、美容液をプラスする、毎日使うローションをとろみのあるタイプに替えるなど、できることから始めてみましょう。

古い角層はディープ洗顔でうるおいを与えながらオフ

毛穴目立ちは、毛穴に古い角層がつまることでも起こります。ただし、これを取り去ろうとむやみに洗顔していると、必要なうるおいまで奪ってしまい乾燥=肌へのストレスになりかねません。古い角層はオフしたい、でもうるおいは残したいという時は、マスクやマッサージなどのケアをプラスしましょう。「忙しくて丁寧なケアをする時間がない」という人には洗顔の後に塗って洗い流すだけで「洗顔」「マッサージ」「マスク」の3つのケアが完了するB.A ディープクリアライザーがおすすめです。美容成分※3の入ったコクのあるジェルクリームを肌にのばすと、ほんのりと温かさを感じるクリーミーな泡に変化。マッサージ感覚でなじませると、この泡が角層の毛穴やキメにからんで密着し、うるおいを与えながら古い角層を洗い流します。忙しい朝は洗顔のかわりにこれだけ使ってもOKという手軽さも魅力です。毛穴目立ちのケアは毎日の積み重ねが大切ですが、これなら続けられるかも。

  1. 角層の
  2. 角層
  3. 保湿成分
  4. 角層の糖化

BEAUTY TIPS TOPページへ