マスク生活が長くなり、「リアルでの初対面はマスク顔」ということも増えてきました。そこで見直したいのが、第一印象の決め手になるアイメークです。マスクなしの顔をよく知っている人だったらそこまで気にしなくてもよいかもしれませんが、初対面やお付き合いの浅い人の場合は、白いマスクのせいで目もとがくすんで見えたり、メークのバランスが悪かったりすると印象ダウンになりかねません。新生活や新しい出会いの季節に向けて、ここでもう一度アイメークを見直してみませんか?マスク時代の新ベーシックとも言える3つのポイントをご紹介します。

目の下のくすみ※1やクマはコンシーラーに+1テクニック

白いマスクとの対比で今まで以上に目立つようになった目の下のくすみやクマは、コンシーラーを使ってカバーしましょう。シンプルにコンシーラーだけでカバーしてもよいのですが、今までより目立っているので使い方によってはヨレが気になることも。コンシーラーに下地を混ぜて薄くのばすと、ヨレにくく自然な仕上がりが目指せます。

眉は質感と色の使い分けで立体感を演出

マスクで鼻や口が隠れていると全体的にのっぺりした印象になりがちです。しっかり見えている部分=眉は、いつもより立体感を意識しましょう。パウダータイプを使って、眉頭は明るい色で、中央はそれより少し暗い色でふんわりと描きます。崩れやすい眉尻はペンシルを使ってシャープに描き引き締めます。明るい色と暗い色、ふんわりとシャープの使い分けで立体感が生まれると、横から見た時も自然できれいな印象に。

アイカラー&ラインは「引き算」、マスカラは「足し算」

マスクをすると普段より強調されて見えるのがアイメーク。アイカラーはクリームタイプで質感を楽しむくらいがバランス良く仕上がります。アイラインもあまりシャープにせず、パウダーアイカラーをライン代わりに使用して、抜け感のある目もとを演出しましょう。ラインを引き算した分、マスカラはいつもより長さを出して、目もとをくっきりさせ引き締め効果を狙います。

  1. 乾燥やキメの乱れによる
  2. メークアップ効果による

BEAUTY TIPS TOPページへ