気候が変わりやすい春はスキンケアも迷いがちです。今、優先するべきは冬から続く乾燥ケア?それともそろそろ紫外線ケア?そういえばゆらぎも気になるような。そんな悩める季節でも、これ1品でさまざまなケアをできるのが、ホワイトショット スキンプロテクター DXです。春の肌状態と照らし合わせて詳しく見ていきましょう。

5月過ぎまで続けたい乾燥ケアに、日中用クリームとして

まずはうるおいケアをいつまで続けるか?について。春になると冬の時期ほど肌の乾燥を感じなくなる人もいるかもしれません。ところが、ポーラの肌のビッグデータによると、角層のうるおい状態は5月までほぼ冬と同じ。つまり冬と同じくらいに乾燥しがちと言えるため、うるおいケアは5月過ぎまで継続しましょう。とはいえベタつきも気になり始める季節。そんな時にうれしいのが、日中用クリームとしての機能です。クリームと言っても美容成分※1が溢れ出すような「スプラッシュショット感触」で、さっと肌になじんでベタつかないみずみずしさは、春夏におすすめの使い心地。メーク前も使いやすく、ごわついた肌をやわらかくなめらかな肌に整えます。

3月には気にしたい太陽光に、日ヤケ止めとして

次に太陽光についてです。UV-A、UV-B、そして近年肌への影響で話題の近赤外線は、3月頃から夏に向けて上昇していきます。なかでもUV-Aと近赤外線は5月が年間の最大値に。また、シミ※2や日ヤケの原因となるUV-Bのピークは8月ですが、肌のビッグデータでは晴天の多い5月が1年でいちばんメラニン注意度が高い時期となっています。シミを作らないため、透明感を守るためにも、日ヤケ止めを3月頃から使い始めましょう。
ホワイトショット スキンプロテクター DXはみずみずしさがありながら、SPF50+・PA++++の近赤外線を含む日ヤケ止め機能もあわせ持っています。しかも強いUVカット膜の処方設計で汗や表情の動きでも崩れにくい工夫もしているから、春先から暑い夏まで心地よく使い続けられるのが魅力。さらに透明感をサポートする美容成分を配合し、澄み渡るような透明感のある肌を目指します。

さらに、マイクロダストやブルーライトのケアも

そしてもう1つ、春から夏にかけて気をつけたいのが、PM2.5や排気ガスなどの大気汚染物質、花粉、黄砂、タバコの煙などのマイクロダスト※3です。肌に直接入り込むマイクロダストは、肌ゆらぎを起こす一因です。今は肌ゆらぎを感じなくても、長期的にはシミやシワなどの一因になることもあるので注意が必要。肌のビッグデータによると、PM2.5の量に比例して肌ゆらぎ実感が高くなる3月から7月頃までは、マイクロダストから肌を守るケアも取り入れましょう。
ホワイトショット スキンプロテクター DXは、紫外線、近赤外線だけでなく、マイクロダストをはじめリモートワークなどでオンラインが増えた今、気になるブルーライトからも肌を守ってくれる「マルチカット設計」です。つまりこれ1品で、春から夏にかけての気になるさまざまなことから肌を守り、輝きと透明感あふれるような明るい肌を目指すことができるのです。

  1. 保湿成分
  2. メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ
  3. ポーラが名付けた名称

BEAUTY TIPS TOPページへ