透明感※1が欲しい春。ファンデーション選びに新発想を

ファッションもメークもパステルカラーがあふれる春は、1年でいちばん肌に透明感が欲しくなる季節。ところが難しいのが、透明感のカギを握るファンデーション選びです。イエローベースかブルーベースかが気になったり、選び方を間違うとくすみ感が出てしまったりすることも。そんな時は「肌色に合うものを選ぶ」のではなく、「自分の肌色を活かす」という発想で透明感を目指してみませんか?

絵画の技法に着目したディエム クルールのカラーマジック

ディエム クルールは、肌色を活かしたメークを目指すブランドです。肌色の透明感を追求し、色が濁らず明るく見える点描画や、肌が美しく描かれた絵画の技法に着目。「きれいな素肌はカラフルな肌色で構成されている=肌色に適度にバラつきがある状態」ということを発見しました。そしてその効果をファンデーションで実現。例えばディエム クルール カラーブレンドファンデーションは、肌色を構成するイエロー、ブルー、ピンク、グリーン、そしてこの4色を自然につないで透明感を高めるホワイトが、マーブル状にプレスされています。これを混ぜずにパフにとって肌になじませると、肌に点描画のような効果を再現。「その人の肌色」を引き立てて、素肌がキレイに見えるような透明感と立体感が生まれるのです。
さらに、下地にディエム クルール プライマーLを使用すれば、光を操るようなパールの効果で肌色をトーンアップ。この2品で生まれるのは、まるですりガラスのようにふわっと発光したような透明感のある肌。素肌のように見える軽やかな仕上がりが好きという人は、この春、ディエム クルールをぜひ試してみてください。

  1. メーク効果による
  2. 保湿成分

BEAUTY TIPS TOPページへ