Q. 化粧品の使用期限はどの位ですか?
使用期限の記載のない化粧品は未開封のまま適切に保管されていれば、3年間はご使用いただけます。しかし、一度でも開封した化粧品や保管状態が適切でなかった場合には、注意が必要です。例えば、キャップがきちんと閉まっていないと中身の水分が蒸発して乾燥し、硬くなってしまったり、ホコリや雑菌が混入してしまいます。極端に高温(多湿)または低温の場所や直射日光のあたる場所に置いてあると、変質する可能性もあります。キャップを開けてみて、変な臭いがする、中身が分離している、色が変わっているなど、どこかおかしいと感じたときは変質していると判断し、使用は避けましょう。
原則として、化粧品は開封したら、それぞれの商品の使用期間を目安にできるだけ早めに使いきることをおすすめします。
Q. 古い化粧品が出てきましたが使えますか?
使用期限の記載のない化粧品は未開封のまま適切に保管されていれば、3年間はご使用いただけます。しかし、一度でも開封した化粧品や保管状態が適切でなかった場合には、注意が必要です。使用時に変な臭いがせず、分離していない、変色していない等、購入時と同じ状態の場合はご使用いただけます。
ただし、一度開封した化粧品には、ホコリや雑菌が混入する可能性もあります。
開封後すぐに品質が変化することはありませんが、それぞれの商品の使用期間を目安になるべく早く使いきることをおすすめします。
どこかおかしいと感じた時は、変質している可能性がありますので、使用は避けてください。
Q. ファンデーションを替えたら、いつもと同じ色番なのに色が違うのですがどうしてですか?
同じ色番号であっても色が異なる場合、下記のようなことが考えられます。

・ファンデーションのシリーズが異なる:配合されている成分が違うため、微妙に色が異なることがあります。
・タイプが異なる:リキッド、パウダーといったタイプの違いによって、配合される成分の種類や割合が微妙に異なるため、同じ色番でも全く同じ色ではないことがあります。
・肌の色、季節が異なる:使用する人の肌の色によっても仕上がりの色は変わり、肌色自体も体調や季節によって変化します。
・外観色と仕上がりの色:ファンデーションの見た目と実際に肌につけた色が異なることがあります。

あくまでも色番はひとつの目安と考え、ファンデーションを購入する場合には必ずそのつど実際に肌につけて色を確認し、現在の自分の肌に合う色を選ぶようにしましょう。
Q. 開封した化粧品はどのくらいで使いきれば良いでしょうか?
原則として化粧品は開封後、それぞれの商品の使用期間を目安にお使いになることをおすすめします。一度開封した商品を使いかけで保存する場合、汚れやホコリを取り除き、キャップをきちんと閉めた上で、直射日光があたらず、温度変化の少ない場所に保管してください。
Q. 去年使った化粧品を、今年も使えますか?
適切に保管しているようでしたら、今年も使用することは可能です。保管する際は、必ず容器の口もとをきれいに拭き取りキャップをきちんと閉め、直射日光のあたる場所を避け常温の室内に保管してください。ただし、保管しておいた化粧品を再び使用する際に変な臭いがしたり、中味が分離していたら、変質の可能性がありますので、保管期間に関わらず使用は避けてください。一度開封した化粧品は、できるだけシーズン中に使いきることをおすすめします。
Q. 化粧品は冷蔵庫に入れて保管した方が良いでしょうか?
化粧品は冷蔵庫に入れる必要はなく、常温で保管できます。むしろ、冷蔵庫からの出し入れによる温度変化が原因で品質の安定性が保たれなくなることが心配です。クリームや乳液などは分離する可能性もあります。
夏季には、清涼感を高めるため一時的に化粧水などを冷蔵庫で冷やしたいという声も聞きますが、品質の安定性を保つため、おすすめしていません。
化粧品は温度変化が少なく直射日光のあたらない、常温の場所に保管するようにしましょう。

※夏季は特に、室内でも直射日光のあたる場所や高温になる場所、屋外(特にプールやビーチ)、駐車した車の中などの高温になる場所に化粧品を放置しないように気を付けましょう。
Q. 化粧品の使用期限が書いてありません。なぜですか?
日本の医薬品医療機器等法(旧題名:薬事法)では、適切な保存条件で、製造後3年を超えても品質が安定している化粧品を除き、使用期限を表示する必要はないとされています。
いったん開封してしまった化粧品は、それぞれの商品の使用期間を目安に早めに使いきるようにしましょう。
来シーズンに再度使用したい場合は、高温多湿や温度変化の大きい場所は避け、日の当たらない場所で保管することをおすすめします。

お問い合わせ方法

よくあるご質問に掲載されていない場合は、下記のお問い合わせフォームからお問い合わせください。